家づくりの素材;木とコンクリート

柱の下には石を。コンクリートやモルタルは水分を吸収します。石も種類によっては水分を吸収します。水を吸いにくい石を柱の下に設置すれば柱が長持ちするでしょう!何よりも大事な柱。長持ちするような環境においてやりましょう。

DSCF0125

ちなみにこの「落し柱」はホールダウン金物の代わりを成す方法です。柱に差した土台を基礎と緊結することで柱の引き抜きに対応しています。富山にて島崎棟梁を中心に公共施設で実物実験を行い、強度確認を行っています。

家づくりの素材(番外編);住宅と風

白川郷の合掌造り屋根はいずれも妻を南北に向けている。これは、(1) 屋根に満遍なく日が当たるようにして冬場の融雪と茅葺き屋根の乾燥を促進させるため、(2) 集落は南北に細長い谷にあり、それぞれの方向から強い風が吹くので、風を受ける面積を少なくするため、(3) 夏場は逆に屋根裏部屋の窓を開放し、南北の風を吹き抜けさせることで夏蚕が暑さにやられないようにするため、という3つの効果が指摘されている。

 

家にとって「風」は重要な要素です。クーラーより風!を大切に間取りの計画を考えたいと思います。