家づくりの素材;耐震

住宅における耐震とはどういった考え方なのでしょうか?耐震とは字の如く地震に耐えることだと思います。ただいつまでも耐えるのではないでしょう。まずは人が避難する間は持ちこたえて欲しいものです。そしてあわよくばその後も倒壊しないでほしいものです。私たちが行っている伝統構法では金物を使わず、木を組むことで建物の強さを確保しています。2段、3段と平面的に組むことで随分捻じれや揺れに対して粘り強くなります。また多くの仕口で地震の揺れを吸収していると考えられています。

DSC00741

また差し貫、竹小舞、土壁も重要な耐震要素です。

NEC_0052

そして何よりも足元を固定しない石場建てこそが最も揺れに強い(耐える)構造ではないかと考えます。親方曰く「足を押えられて、体を押されると簡単に倒れるだろう。しかしただ押されるだけなら、足が動き倒れないだろう。家も同じ」

そこを目指して頑張りたいものです。

ちなみに耐震補強金物は次のようなものです。如何なものでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA