伝統構法について

原建築では、脈々と受け継がれてきた伝統構法を用いた家づくりを行っています。

伝統構法では金物を使わず、継手・仕口の技術で組み上げていきます。

DSC00672

堅木(欅)でできた込栓・大栓・車知栓・鼻栓・ダホなどを用いて継手・仕口を固めます。

IMG_0163

組み合される部材の孔位置をわずかにずらし、叩き込む栓で材同士を互いに引き付け合う、一種のプレストレス力導入です。

また真壁づくりのもたらす架構デザインは用の美を感じさせるものです。

1 4

伝統構法で建てた家には長持ちさせる工夫が随所に見られます。

また原建築では、県産材をできる限り使用した住宅を作っています。

構造材から下地材、造作材まで使用しています。

壁は塗り壁、板張り等で仕上げ、床は無垢材のフローリング張りとしています。

IMG_8234 DSCF0066 DSCF0056

塗装は自然素材の材料を用いています。柿渋、弁柄、蜜蠟入りワックスなど。

外部は白壁(漆喰)に腰板張りを基本としています。

IMG_8247

またインテリアとして、照明器具や建具のデザイン、そして住宅設備機器をバランスよくコーディネートします。

照明計画とデザインの実例です。

IMG_8223 IMG_8235 DSCF0079IMG_8287

住宅設備機器実例です。

IMG_8251 IMG_8252 IMG_8297