家づくりについて

■私たちの取り組んでいるのは昔から使われてる、家づくりの方法です。何も新しいものではありません。大工が墨付けをし、刻み、そして仕上げていく。

そして現場で建て、瓦・左官・板金・電気・設備工事を行いながら、造作仕事を行い、家を作り上げて行きます。

NEC_0046

 

 

 

 

 

何百年と続いている、日本の家づくりを支えているのは職人の持つ伝統技術です。新しい構法ではありません。昔から使っている方法です。

瓦、左官、板金、木製建具、畳等の技術がそれらです。そこには多くの知恵が活かされています。

■設計から家づくりに関わることで、住み継ぐ家づくりに対する答えを共に探していくことが出来ると思います。

1

十人十色、家も同じです。住む人との対話から始まります。大工は住む人の思いを形にしていくことが仕事です。

大切に暮らすことが見直される今、ひとつの答えを形にします。住み継ぐ大切さ、それに応える家。

地域材を使用することが、家づくりを昔の家づくりに戻すひとつの手段だと考えます。作り手の顔の見える家づくりが、良い家の原点です。

3NEC_0036

 

 

 

 

■何故、手刻みか?プレカットでは出来ないのか?

住み継ぐためには、長持ちすることが必要です。そのためには、

1、真壁

2、木を現す

File_017

 

 

 

 

3、床下の通気

4、金物を使わない

IMG_9997

DSC00716

 

 

 

 

を実現しようとすると、手刻みにります。

木が化粧で見える。そうすれば木は呼吸出来ます。またもし痛んでも解ります。

■今は、岡山県倉敷市で暮らし、仕事をしています。それまでは富山県八尾町の島崎工務店で修行していました。親方、兄弟子の元で、毎日伝統技術を学んでいまいた。

富山と岡山では気候風土も異なり、家づくりも違います。しかし根本的な作り方は同じだと思います。

その技術を引き継ぎ、繋げていく事が大切だと考えています。

CIMG1660 DSC00741 IMG_9263

 

 

 

 

また大工技術だけでなく、家づくりに係る技術すべてを繋いで往かなければ、伝統構法は無くなります。