大工の木組み

 

家を100年保たせるには、どうすればいいのかと聞かれる。
簡単ですよ、100年経った家を壊してみればいい。
法規はたった今のことだけをいう。新築ばかり見てたんじゃだめだ。」
「リカちゃんハウスが美しいという人に、木組みや長い軒の出のプロポーションの美しさを言っても分からん。
私が建てたいのは、時間が経っても変わらん美しさです。」
「昔は、古材を使うのは当たり前の事だった。磨けば光る。古材は宝物です。

3
写真右は1650gの椅子で、指一本で持ち上げることができる。
これで大工の木組みを知ってもらいたい。
この椅子は110㎏の人間が座っても大丈夫だ。
座るとクネクネすることはあるけど、ポッキッとはいかない。
コミセンのかわりに差してあるピンは民家で100年いぶされた煤竹の外側からつくったもので、丈夫な燻製状態になっている。
もし、これを釘や金物、筋違いで止めるか、接着剤で固めると、必ず折れる。動かんから。
だけどホゾを差し、深さ5分の大入れをつくり、組んでいるので
110㎏の体重を支えられる。木を選び、木の目をみて組めば
丈夫なものだ。ちなみにこの木は夏椿である。