家づくりの素材;床下の空気は動いていますか?

新築工事における基礎立上がりは外周部分のみで、床下には気流を遮る立上がりを設けません。構造区分の重要な位置には地中梁を設けています。大黒柱、それに組まれる差し根太下等です。

IMG_5990 IMG_5349

外周の土台下は基礎パッキンを設置し、全周から換気を行います。そうすることで床下の通気、換気を十分機能させることで住宅の大事な足元を長持ちさせることができます。

 

住宅基礎換気口周辺に物を置くことも、通気を妨げる一因となります。一度確認を!

また基礎に近い塀も通気を悪くします。

 

まずは足元から大切にしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)