遣方(丁張り)

T邸新築工事
京都に来ております。

まずは建物の位置、高さを決める「遣方」やりかた

という大切な工程。
粗末な木材で枠組んであるのですが、結構ミリ単位です。

これに張った糸が図面の通り芯同様、重要な基準です。
炎天下の中、1日かけて作業しました。

図面を実物大で再現し、再確認できる面白い作業でもあります。
この夏は日焼けで真っ黒になることまちがいないな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)