家づくりの素材:基礎

現在の住宅において基礎はほとんどが鉄筋コンクリートで構築されています。私も同様の基礎で住宅を建てましたが、100年、200年持つ家づくりは伝統構法以外にないと確信をしています。するとそこに大きな矛盾が生じています。耐用年数50年と言われる鉄筋コンクリート造の基礎に100年持つ木造住宅を載せても結局50年しか持たないことになるのではないだろうか。

IMG_5982

現行の建築基準法において鉄筋コンクリートの基礎は無くてはならないものです。(例外もありますが)もし50年後基礎が耐えられなくなった時にはどうなるのでしょうか。

DSCF0128 IMG_8250

2013/12/10 15:15

2013/12/10 15:15

IMG_8162

しかしそこにも責任をもった工法が求められるのではないでしょうか。伝統構法で建てた家は金物を用いません。木組みだけで構築されています。そして差し貫、土壁塗りであれば、容易に解体できるでしょう。そして再建築できます。更には主要な柱を落し柱としているため、基礎の崩壊の程度によって解体せずともしっかりした修正が可能だと考えています。DSCF0125 IMG_8217 IMG_8216

100年後私は確認することはできませんが、孫かひ孫が見て報告してくれると幸せです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)